私の小さい時から今に至るまで好みのタレントあれこれ⁉️

 思い出そうとしてもなぜかわからないが、小学生低学年いやもっと小さい頃から好きだったタレントは、松島トモ子。

 トレビに出てくるたびにかじりついていて、周りもそんな私を面白がっていた。

 かあちゃんなんかは「あつー、松島トモ子が、テレビに出とるぞー⁉️」とわざわざ笑い顔で知らせに来てくれた。

 あのクリクリ目を好意を抱いたのか、はっきりした発音に憧れたのか、周りにあんな都会風の🏙女性がいなかったのかわからないが、兄弟姉妹4人の中でただ1人「大きくなったら、松島トモ子と結婚するがや❗️」なんて言っていた。

 そんな私だが、小学生高学年から、高校生までは、好きだと騒いでいたタレントのいない時期を過ごす。

 ただ高校一年の夏、玄関の上履きに履き替える所で、同級生Kさんの仕種に一目惚れしたことだけは、鮮明に記憶に残っている。

 全く声も交わしたこともなく、その後3年間に特別な進展もあろうはずもないが、彼女がいるからなんとか落ちこぼれでも、学校に行く張り合いが出来、何とか卒業できたのだと感謝している。

 大学浪人し、東京で暮らすようになって、お世話になっている中華料理店「竜公亭」で読む少年サンデーの中に出てきた、アグネス.チャンに、興味を持つようになった。

 たまに、ラジオから流れる舌足らずの歌い方にもなんとなく私は今までにないドキドキを感じた。

 たまたま、今では考えられないが、アグネスの香港の住所が載っていた。また、悪い癖で、気が付いたらその日から毎日、訳の分からない英語で18日間連続して手紙を出した。誕生から日毎に一歳ずつ大きくなったことを想い描いて心を込めて送った。 

当然返事などない。めげずに18回出し続ける。それだけで満足。                 かなり空白の期間があり、最近は井川遥にハマっている。

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧