和牛品評会の油単(化粧掛け)を村松商事㈱が製作させていただきました。

(油単の裏表、刺繍がきれいにできて、牛もさぞ喜ぶことでしょう)

コロナで、3年間開催できなかった大会が、今年は、鹿児島県で開催が決まった。
 牛を育てている農家の方は、大会の有無にかかわらず手塩にかけて毎日世話をなさっている。
ただ全国大会ともなると、気合の入れ方が違って、いつもより力が入る。

 毛氈に、金糸で、刺繍し、周りは、金のフレンジと金真田仕立て。
大きさは、1300x1440mm
 ずっしりと重さが、手にかかる豪華な製品です。
今年は、石川県代表は、能登でのブランド牛 能登牛が遠く参加することに決定した。
 関係者も今から、心躍らせて、参加する予定です。