津波フラッグ運用開始!

気象庁は6/27から津波フラッグの運用を開始しました。
津波フラッグとは従来スマートフォンや防災無線で行っていた緊急速報を視覚的に危険を知らせるために使うものです。

スマホを持たない場合や、周囲の音が聞こえにくい遊泳者、聴覚障がい者が見やすい赤と白の格子模様の旗で迅速に避難できるようにするのが狙いです。
海水浴シーズンを前に早期の導入が推奨されています。

ビーチ利用者にも周知が進められます。
災害時に使う旗は使う機会がないのが一番望ましいですが、近年自然災害が増えています。

必ず準備しておかなくてはならない1枚です。
気象庁が推奨する津波フラッグは短辺が100cm以上。
デザインは国際信号旗U旗(ユーキ)、船舶が危険を知らせるときに使う旗と同じもの。
この条件を備えた津波フラッグを準備いたしました。

津波フラッグ 津波フラッグ

求めは「旗の村松 手芸の村松 楽天店」へどうぞ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧