神道と麻

神道は日本人の中から生まれた信仰です。
お宮参りや七五三、厄払いや結婚式。意識せずに人生の節目には神道にまつわる行事が行われています。
神道の神々は自然現象を司る神々、そして衣食住など生業を司る神々などまさに八百万の神々です。

神道にはなぜか麻との縁がおおいです。
 大麻(おおぬさ、たいま、太麻)とは神道の祭祀において使う道具のひとつです。
木綿(ゆう)や麻,後には布帛や紙がもちいられました。
「ぬさ」は麻の古名で幣あるいは麻、奴佐と当て字されます。
「ぬさ」の美称が「おおぬさ」です。大幣(おおぬさ)ともいいます。
 大麻は早くも古事記に記載され、天照大神の天岩戸(あまのいわど)の説話で奉斎された五百津真賢木(いほつまさき)に由来しています。
こうして、古来より祓い具に大麻がつかわれました。

 「神宮大麻」とは伊勢神宮のお札です。
その昔は大麻草が使われていました。これは大麻が神の象徴であることの例です。

大正5年に神宮奉斎会本部が発行した『神宮大麻と国民性』によると、
「大麻は之を仰ぎ崇敬の念を致すべき御神徳の標章」であるとされています。
また家庭でも大麻を奉安し、朝夕家族で拝むことは、子供たちの教育上も多大な効果があるとしています。
 いまでは信じられないことですね。

 ほかにも大麻は聖域を囲む結界を作るための麻ひもであったり、しめ縄や神殿につるしてある鈴の縄として、今も使われています。
大麻は神道の根幹としての役割を果たしています。

 ところが、一変してGHQが昭和20年大麻取締法を施行して日本では大麻を白い目でみるようになりました。
麻薬とみなしたのです。
日本製の大麻には精神作用物質がほとんど含まれていない為、吸引の習慣さえなかったのですが、外国製も無害の日本製も一緒に規制の対象になりました。
 これには、マッカーサーによる日本の根源を根絶やしにする方策としてしか理解できませんね。
日本の家族制度の堅固な絆をみたアメリカが、日本を核家族化し、弱体化しようとしたということも聞いたことがあります。

 私たちは先祖から受け継いだ日本の魂をしっかり継承していきたいものです。
私は左翼でも右翼でもありませんが、純粋な魂を持った日本人です。日本人の心性を大事にしたいものです。
 
 因みにアメリカでは大麻よりアルコールの方が取り締まりが厳しいそうです。
アルコールのほうが害が大きいということですかね。
日本では大麻の取り締まりのほうが厳しいです。
決して大麻を推奨するわけではないですが、これもGHQによる置き土産でしょうかね。
アルコールが健康に良くないことを再認識しないといけないですね。
酒造メーカーをまもり、大麻生産者の悲鳴を無視している政策なんでしょうか?
 
 話はかわりますが、同じアメリカ人でも本当に感謝すべき方もいらっしゃいます。
マッカーサーから意見を求められて進言した人がいます。この方のおかげで天皇の命がすくわれました。

詳しくは『負けんとき』玉岡 かおる著 をお読みください。

なんとしてでもしたい、しなければと思い、この方のお墓まいりができたことが光栄なことでした。

弊社は日本の威信をかけて神社幕や神社のぼりをお作りしています。
何よりも日本人の魂を大切にしたいです。

神社幕・神社のぼりのご購入はこちら
揚巻房Yahoo!

 

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧